インテル、シスコとHPに警告

ここ数年のデータセンターの牽引役は、データセンターのプロビジョニングの単一ベンダーモデルでした。データセンターの機器とサービスのフルメニューを提供するベンダーにアクセスし、データセンターベンダーを扱う際には、その単一の喉だけが詰まることになります。このデータセンターモデルを実際に推進してきた2つの最もよく知られたベンダーは、コンバージドインフラストラクチャを備えたHPとCiscoのユニファイドコンピューティングです。

HPとシスコは、このモデルに対して2つの異なるアプローチを採用しています。 HPでは、ポートフォリオ内のほぼすべての製品のOEMであり、HPブランドのサーバ、スイッチ、ストレージ、オペレーティングシステムソフトウェアを提供しています。ハードウェア上でシスコは、シスコが一般的な請負業者であり、顧客のための単一の窓口となることで、お客様にとって最高の製品を提供していると考えているベンダーと提携して、最善の方法を採用しています。ただし、最もよく知られているネットワークインフラストラクチャ製品に加えて、独自のサーバーハードウェアを提供しています。

このモデルの主なアトラクションの1つは、どちらのベンダーからも製品とソリューションを選択すると、うまく連携するという暗黙の保証です。理想的には、部品の合計が全体よりも大きくなる場合、ベンダーが提供する特定の組み合わせとソリューションは、お客様自身で解決策を組み合わせるよりも優れたパフォーマンスと優れた価値を提供します。

しかし、統合された10GbEイーサネット・スイッチング・シリコンと40GbEイーサネット・スイッチング・シリコンを設計しているIntel社がFulcrum Microsystemsを買収したことによる影響は、この単一のプロバイダ・ソリューションを混乱させる可能性がある。顧客が選択できる単一ベンダーのソリューションにかかわらず、少なくともIT負荷を処理する部分では、そのソリューションのシリコンの重要な部分がインテルから来ている可能性があります。 IntelがFulcrumで取得したテクノロジを採用し、業界をリードするCPUシリコンと、おそらく広く配備されたストレージシリコンと密接に統合された設計を開発する可能性は十分あります。つまり、関係のないベンダーは、これらのインテルソリューションを実装していないベンダーに比べて相互通信の可能性がある単一の標準ソリューションを販売することができます。

もちろん、HPやシスコが自社製品にこれらのテクノロジを実装することを止めるものは何もありません。これらのベンダーにとってコスト効率のよいソリューションになる場合は、そのステップを実行することが確実です。しかし、これは単一インフラストラクチャー・モデルの商品化に向けて長い道のりを歩み、ベンダー間の差別化要因は顧客に提供できるサービスになるだろう。サービスはこれらのベンダーのためのキャッシュカウであり、セグメントを定義するハードウェアの旗艦はなく、ベンダーが競合他社から目立たせることや、自社の製品ベースのソリューションが最も優れていると主張することははるかに難しくなります。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合