インテルはまだEPAグリーン電力リストを上回っている

ハリーがNRDCによって昨日掲載された新しい代替エネルギーリストを指摘したことに気づいた。米国環境保護庁(US Environmental Protection Agency)は、代わりのエネルギー源の使用を実質的に約束したトップ企業、政府機関、大学、コミュニティなどを四半期ごとに更新しました。

インテルは、毎年、風力エネルギーで年間1,301,200,000キロワット時間以上のエネルギーを消費しており、年間エネルギー使用量の46%を占めています。デルは、バイオガス、バイオマス、小型水力、太陽光、風力で55370万8000キロワット時で、第4位です。それは158%になる(デルは多くのオフセットを購入する)ので、デルは代替エネルギーへの100%コミットメントをした企業のリストに現れることを意味する。シスコシステムズはトップ50リストで9位、400,996,000キロワット時、すなわち年間使用量の46%を占めています。

アドバンスト・マイクロ・デバイス、アップル・コンピュータ、ヒューレット・パッカード、IBM、オラクルなど、他のおなじみの名前がフォーチュン500のランキングに掲載されている。

EPAサイトはまた、緑色の電力ロケータに、国の異なる地域で利用可能な代替エネルギー源に関する情報を提供します。

インテルはMovidiusを立ち上げ、将来のコンピュータビジョン、VR tech

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

Intel、PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供

企業の大手企業のうち、実用的な技術革新が引き継ぐ

Intel、IntelはMovidiusを買収し、将来のコンピュータビジョン、VRテクノロジー、プロセッサーを開発する; Intelは4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発売;ストレージ; PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供;エンタープライズ・テクノロジーの巨人の中では、実用的なイノベーションが引き継ぐ