インドIT輸出は、2011年度に12-14%増加する

インドのIT輸出の収入は、スマート・コンピューティングやクラウドなどの新しいビジネス・モデルによる成長を背景に、今年度の会計年度に840億ドルから870億ドルに達すると、全米ソフトウェア・サービス協会(Nasscom)は述べています。

火曜日の声明で、IT業界団体は2013年から2014年の見通しを発表した。IT輸出は12〜14%の伸びを見込んでいる。国内のIT市場は、1兆1800億ルーブルに達し、1兆2,000億ルーブル(218億米ドルから222億豪ドル)に達すると13〜15%成長するだろうと付け加えた。

ナスコムは、業界の主要な成長ドライバーの中には、スマートコンピューティング、新サービスの垂直型サービスと中小企業(SMB)市場でのサービスの可能性、技術の可能性など、

ナムコムの社長であるサム・ミタル氏は、「技術はインドでの変革を可能にし、インドの国内総生産(GDP)にも重要な役割を果たすことができる」と述べた。インドの国内市場は成熟しており、政府と技術養子縁組の強化に協力する」と述べた。

ナスコムは、国内部門を含む今年度のIT-BPM(ITビジネスプロセス管理)の結果を見直し、見積りをダウングレードし、業界が10.2%増の758億ドルになると予測した。これは11%の前回予想よりも低く、昨年11月に行われた。

Nasscommは、今月初めに、メンバーの嫌われがインドのソフトウェア製品産業ラウンドテーブル(iSpirt)と名づけられた新たな団体を結成し、国内のソフトウェア部門に集中することを決めた。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル