ナスコムが選挙結果を守る

インドのIT業界のピーク時代の体制は、投票メカニズムが自国の新興企業や中小企業を差別するという主張に対して、最近の執行評議会の選挙を擁護している。

新しいECの一部である小規模の企業はありません。これは、組織が大きな男の子クラブであることをさらに告発するようになったという事実です。ナスコムは今週、地元と西洋の多国籍企業の18人の上級幹部が業界の利益を主張するために選出されたことを確認した。

状況を直接知っている1つの情報源は、投票ルールが大企業を支持するウェブサイトに語った。

これらの主張の一部は、ウェブサイトに漏洩した文書に詳述されています。「Nasscom EC選挙の分析:デッキはなぜ小規模企業と積み重なっているのですか? 1月に匿名で公開されたこの文書は、先週の投票でなぜ中小企業が除外されるのかを予測した。

2011年の選挙の前に、ナスコムは新しい選挙規則を導入し、有権者には少なくとも1人ではなく、少なくとも10人の候補者の名前を提出する必要がありました。

しかし、これは直ちに中小企業を差別していたが、無名の作者はこの文書で主張した。好ましい候補者はより多くの大手家庭名企業を誇るからだ。

Nasscomの上席副社長Sangeeta Guptaは、Webサイトのインタビューで、2011年ルールの変更に関する苦情を却下し、現在のガバナンス体制を擁護しました。

彼女は大企業が単に自分自身に投票し、他の人はすべて無視するため、複数の投票ルールが導入されたと述べた。ナスコムはルールの変更の影響を分析し、2011年に新しいルールが結果を変更しなかったことや、2009年または2013年に影響を及ぼしていないことを確認しました。

「これはなぜ今起きているのか分かりません」と、年次総会でメンバーから承認されたと付け加えた。

彼女は、より多くの候補者に投票することにより、自由で公平な選挙を確実にするようにルールが設計されていると指摘した。 「関心のある人にとっては、私たちは多くの分析を行ったので、誰かに嘆き声を聞かせてください」とGuptaは付け加えた。分析の第2の理由は、階層化された投票構造のためである。

あるソースは、ナスコムの6つのカテゴリーのメンバーシップで、「A」メンバーは6票を得て、「F」メンバーの投票に次第に落ちるとウェブサイトに語った。

メンバーシップは収入によって決定され、A、B、Cメンバーは彼らのD、E、およびFの兄弟よりも多くの金額を生み出します。

この文書では、A、B、Cの大企業は全体の28%に過ぎないが、投票の半分以上が生成されると説明している。

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank

この不均衡に対処するために、D、E、Fメンバーの少なくとも50%は10人の小規模企業の候補者を集団投票しなければならないと主張した。候補者は投票を頼むことができないため不可能な仕事である。

最近の2回の選挙では、中小企業や新興企業はナスコムの執行評議会に選出されなかった。

Guptaは、582人のメンバー(中小企業の70%)が先週投票し、以前のプレスリリースからの情報を反復していると述べた。彼女は、すべての中小企業が1つを選ぶことを選択した場合、中小企業の代表者がいたと指摘した。

「中小企業の多くは、自らを代表しているわけではなく、業界を代表する大企業を通じ、より多くの利益を得られると感じているかもしれません。

スタートアップに対してルールが積み重ねられている理由

SMBの表現が欠けていますか?

次は何ですか?

業界関係者は、積み重ねられた投票構造が、インドのより成功した製品ソフトウェアのスタートアップの障害となっていると説明した。

「プロダクト企業は通常収益の5倍から10倍の評価を得ているが、サービス会社は通常1.5倍の収益を上げているため、現在のシステムはプロダクト企業に投票数を罰する。収益の増加、より多くの票が得られる」と述べた。

Forresterの副社長でインドのカントリーマネージャーであるManish Bahlは、Nasscomにさらなる情報を公開するよう呼びかけました。

Bahl氏は、ナスコムが投票プロセスについてより詳細な情報を提供すれば、大企業に投票した中小企業の背後にある理由を誰もが理解できるようにすることができれば役に立ちそうだ、とWebサイトに電子メールでコメントした。

NasscomのGuptaは選挙の重要性を軽視し、中小企業は、すぐに形成される産業中心のEコマースとモバイルを対象としたグループを通じてECに任命されると述べた。

「垂直協議会を創設するという全目的は、広範な表現を確実にすることであり、ナスコムが行うすべてのことを担当するECが1つもないことを保証する」とGupta氏は述べている。

[再編成]作業はすでに始まっており、審議会を作成しスタッフを募集しています。すべてが今行われるわけではなく、異なる優先順位があります。

しかし、彼女は何が最初になるのかについての質問を却下した。

Nascommの幹部は、「準備ができたら情報を共有する」と述べた。

彼女は2015年の次の選挙の前に投票ルールが変更されるかどうか尋ねられたときに非公式でした。

「今後2年間は、変更が必要な場合は何が必要かを再検討する」と彼女は語った。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル