ノキアがそれを販売するならば、マイクロソフトは今ここで地図を買うかもしれないか?

ブルームバーグは今週、Nokia OyjがHEREマッピングの販売を検討していると報告している。

この報告書は、フィンランドの機器メーカーが、ワイヤレスネットワーキング事業に注力し、債務格付けを改善するためにここで売却したいと主張している。ブルームバーグがノキアに連絡を取ったのは、ドイツの自動車メーカーであるUberとプライベート・エクイティ・ファームである。

Bloombergの短いリストではない:Microsoft。 (AppleかGoogleかどうか)。

これら3社のうち、マイクロソフトが昨年、ノキアの事業(ハンドセット部門、さまざまなサービスと特許を加えたもの)の大部分をすでに購入していることを考えると、マイクロソフトは潜在的なバイヤーのように思えるかもしれない。マイクロソフト社はまた、買収したノキアの従業員の約半数を雇い入れ、その過程でいくつかの元ノキア工場を閉鎖した。

ここのノキアのコンシューマーモビリティーチーフは、マッピングアプリがどこでいつ新しいプラットフォームに登場するかを明らかにした。

以前の報道によると、ノキアは元のNokiaの取引の一部としてHERE部門を買収したが、Redmond社はあまりにも高価であったために辞退した。代わりに、マイクロソフトではWindows PhoneとWindowsデバイスで使用するためのHEREテクノロジのライセンス供与を終了しました。 (ここの地図はiOSとAndroidでも利用できます)。

私はMicrosoftの役人に(今)彼らがHERE Mapsに入札しているかどうかを尋ね、企業にはコメントがないと言われた。

私と同じように、HEREとBing Mapsの関係に関する最新情報について、あなたが疑問に思っているのであれば、ここでMicrosoftの広報担当者は言うでしょう

ブルームバーグは、ノキア自身の財務報告書によると、ノキアのHEREマップ事業は約21億ドルと評価されていると、ノキアが地図メーカーのナブテック社を81億ドルで買収した2008年以来大きく下がっている。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む