マイクロソフト、Office Web Appsでリアルタイムの共同オーサリングをプレビュー

今後数ヶ月で、MicrosoftはOffice Web Appsのコラボレーション機能を強化し、デスクトップブラウザでのリアルタイム共同編集、AndroidおよびiOSデバイスでの編集の改善を実現します。

Office 365:Microsoft Office 365とYammerの統合:Office 365はライバルのプラットフォームを採用する必要があります

マイクロソフトは、共同編集されたドキュメントや、ページを更新することなく外出先で更新されるリアルタイム編集にプレゼンスを提供するプレリリース版のOffice Web Appsについて説明しています。

2010年以降、デスクトップにインストールされたバージョンのOfficeでリアルタイムの共同編集が可能になりましたが、Webバージョンの削除により、豊富なコラボレーション機能が欠落しています。

「今後数か月」に予定されているアップデートにより、Excelでセルレベルのリアルタイム共同オーサリングが可能になり、WordやPowerPointでのリアルタイム編集が可能になります。

ノートブック上のプレリリースWebアプリケーションの新しいデモンストレーションで、マイクロソフトは、このアップデートが単なるリアルタイムのテキストコ・オーサリング以上のものを提供し、ドキュメントの書式設定とデザイン要素を含むことを明らかにしました。

たとえば、ドキュメントに共著表を含めることは今日可能ですが、新しいバージョンでは共同編集者がフォントなどのライブフォーマットの変更を行うことができます。プレゼンス機能により、投稿者はドキュメント内のどこにいるかを確認できます。

Excelでは、共同編集者は、どのセルが更新されているかを表示したり、セル依存グラフでこれらの原因を変更したりすることができます。

今後のアップデートでは、Chrome for mobileのサポートのおかげで、Windows 8のタブレットやiPadsで現在サポートされているドキュメント編集機能も拡張される予定ですが、リアルタイム共同編集がモバイルのリストにあるかどうかは不明です。

マイクロソフトは5月、Office Web Appsに「来年中に」数多くの新しいコラボレーション機能が追加されると発表したが、それ以上は具体的ではない。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

ウェブサイトのWindowsブロガー、メアリー・ジョー・フォーリーによると、Office Web Appsの最初のアップデートは2013年10月頃に予定されており、Windows Blueのリリースと同時期になる予定です。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を見出した

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組む