マイクロソフト、Windows Azure上でOracleソフトウェアのプレビューを提供

Microsoftは9月24日から、Windows Azure上でOracleソフトウェア(データベース、WebLogic ServerおよびJava Development Kit)を実行している、約束された仮想マシン(VM)イメージのプレビュー版を提供している。

マイクロソフトの顧客はWindows Server Hyper-VとWindows Azure上でOracleソフトウェアを実行でき、OracleはAzure上でライセンスモビリティを許可し、MicrosoftはOracleのJava、データベース、WebLogic Serverでインフラストラクチャインスタンスを追加し、Microsoftは完全ライセンスのJavaをAzure、Oracle事前構成されたインスタンスでOracle Linuxを提供します。 (Windows Azureはすでに、OpenSUSE、CentOS、Ubuntu、およびSUSE Linux Enterprise Serverなどの他のLinux機能をVM形式で提供しています)。

このペアは、Windows Azureだけでなく、Hyper-V経由でWindows Server上でもVMを提供するという。 (今日のVMプレビューはWindows Azureのためのものですが、私には分かります)。新製品の試用に興味のあるユーザーは、独自のライセンスを持ってくるか、データベースとWebLogicサーバー用にOracleから提供されたライセンスを利用できます。

Azureで稼動するOracleソフトウェアの一般公開日は、Microsoftのサイトで頻繁に尋ねられる質問によれば、公開されていない。

今日のプレビューは、マイクロソフトとオラクルが今年6月に発表したパートナーシップの成果を上げるための第一歩です。その時点で、マイクロソフトとオラクルは以下を提供することを約束しました

MicrosoftとOracleの提携により、OracleアプリケーションはWindows Server、Hyper-V、およびWindows Azure上で動作することが保証されます。以前は、Windows Server上で動作することのみが保証されていました。

独自のOracleライセンスを持っているお客様は、Windows Server Hyper-VおよびWindows AzureのOracleソフトウェアで直接Oracleからサポートを受けることになります。 「ライセンスを含む」バージョンを使用している場合は、マイクロソフトによれば、その製品がGAに近いほど、どの企業が何をサポートするかについての詳細情報があります。価格設定の詳細については、GAの近くで発表されます。

ブタが飛ぶことができるというさらなる証拠が必要な場合は、MicrosoftのBrad Anderson(クラウドとエンタープライズエンジニアリング担当)は本日、午後1:30のPT Open Worldで基調講演を行います。その基調のライブストリームがここにあります。

オラクルとマイクロソフトがこの分野で協力しているという理由だけで、両者がまだ対抗競争相手ではないというわけではありません。マイクロソフトは、Oracleデータベースの代わりにSQL Serverをフルスピードで推進しています。 2014年度、マイクロソフトは、Oracleとの競争上の優位性として、「最新データウェアハウス」機能(エンタープライズデータウェアハウスとビッグデータを組み合わせたもの)を強調する予定です。

クラウドコンピューティングの成長

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大