マイクロソフトでは、世界中の2,100人の従業員を削減

以前発表された予定の18,000人のレイオフの第2ラウンドでは、Microsoftは9月18日にさらに2,100人を削減している。

ノキアのAndroid X2実験が終了し、MicrosoftがNokia AshaとS40のフィーチャーフォンを廃止し、Microsoftの計画:どのデバイスでも「経験」をスイートにして18,000人の従業員がMicrosoftのレイオフを開始する。

マイクロソフトの広報担当者は2,100人の人物を確認し、解雇された人のうち747人がワシントン州にいると指摘した。残りの人員削減は、世界中の他のマイクロソフト社の場所で行われる予定だという。

今日のカットは、以前に噂されているように、さまざまなチームにまたがるでしょう。マイクロソフトのスポークスパーソンは、どのチームが最新のカットを受けているかを特定することを拒否した。

マイクロソフトの関係者は、7月に、ノキアの携帯電話およびサービス事業の買収の一環としてマイクロソフトが取得した従業員からの人員削減のうち、12,500人が18,000人の雇用を削減し、世界的な人員を再編すると述べた。マイクロソフトの関係者は、レイオフはいくつかの波の間に起こると語った。

マイクロソフトでは、7月の最初の波に、13,000人の従業員を削減しました。この波には、以前のノキアの従業員の一部が含まれていたが、すべてではなかったという。また、オペレーティングシステムグループの従業員、および社内の他のすべてのグループの従業員も含まれています。マイクロソフトはまた、再編成の一環として、従業員(非フルタイム)従業員への依存度を20%削減する予定です。

2014年7月中旬、マイクロソフトの給与計算には125,000人以上の専任の従業員がいました。ノキアの買収の一環として取得した2万5000人の従業員が含まれています。

解雇の結果、マイクロソフトの役員は、同社が退職金および関連する給付費用ならびに資産関連費用について、今後4四半期にわたって11億ドルから16億ドルの税引前費用を被ると述べた。

ラウンド1で13,000カット、今日で2,100回、Microsoftは2015年7月までにさらに2,900のジョブを削減する予定です。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます