マイクロソフトでは、新しいOffice 365の中小規模のビジネスプランを展開しています

マイクロソフトでは、10月2日現在、中小企業を対象としたOffice 365の3つの新しい計画を一般に公開しています。

オンラインミーティング、インスタントメッセージングとビデオ会議(Lync Online)、チームサイト(SharePoint Online)、無料のOneDrive for Businessクラウドストレージ、およびYammerエンタープライズソーシャルエンタープライズ向けエンタープライズソーシャルネットワークネットワークサポート。ダウンロード可能なOfficeアプリケーションは含まれていません。 Office 365 Businessは、最大5台のPC用にローカルにインストール可能なOfficeアプリケーション(Outlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、およびPublisher)のフルセットを含む、および/またはユーザー1台あたりのMac、無料のOneDrive for Businessクラウドストレージ1 TBが含まれています。 Exchange、Lync、またはSharePointオンラインは含まれません。これは、サブスクリプションとして販売されているソフトウェア(およびストレージ)です。 Office 365 Business Premiumには、ローカルにインストール可能なオフィスアプリケーションのうち、最大5台のPCおよび/またはユーザーあたりのMac、Exchange Online、Lync Online、SharePoint Online用のフルセットのOfficeアプリケーションが含まれています、Yammerエンタープライズソーシャルネットワーキング、1TBの無料OneDrive for Businessクラウドストレージ月額12.50ドル、年間150ドルかかります。

マイクロソフトは7月に、Office 365 Business、Office 365 Business Essentials、Office 365 Business Premiumなどの新しい計画を10月1日から購入すると発表した。

真新しいOffice 365の顧客は今、これらの計画を購入することができます。既存のOffice 365 SMB顧客にとって、Micorsoftは、中小企業、中小企業プレミアム、中規模企業向けの現在のOffice 365計画(1ユーザーあたり$ 5、$ 12.50、$ 15)から来年中にユーザーを移動させる予定です月に1回。

既存のユーザーのためのMicrosoftの簡略化された指針は、新しい計画にいつ移行するのか

「あなたのビジネスが以前のSMBプラン(中小企業、中小企業プレミアム、中規模ビジネス)のいずれかになっている場合は、Office 365管理センターのメッセージセンターにアクセスして、新しいプランがどのように影響を与えているか、 Office 365の現在の計画は変わりません」

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力