マイクロソフトのWindows 10 Enterpriseサブスクリプションでは、ユーザーあたり年間84ドル

マイクロソフトは、最近改名されたWindows 10 Enterprise製品を月額7ドル(年間84ドル)のサブスクリプションとして利用可能にする予定です。

その他のWindows 10

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、Windows 10 EnterpriseをMicrosoftのクラウドパートナーから購読可能、Windows 10の新しいビジネスモデル: Pay for play; MicrosoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようになりました。Windows 10の問題のトラブルシューティングと修復

Microsoftは、7月12日にトロントで開催された同社のWorldwide Partner Conferenceで、Windows 10 Enterpriseの2つの名前を変更したバージョンのいずれかの価格設定を取りやめた。

Windows 10 Enterprise E3は、2つの異なるバージョンのWindows 10 Enterpriseの下位の名前です。 Windows 10 Enterprise E5はWindows 10 Enterpriseバージョンの新しい名前で、攻撃を検出して対応する新しいMicrosoftサービスであるWindows Defender Advanced Threat Protectionも含まれます。

Microsoftは先週Windows 10 Enterpriseの名前を変更すると発表し、E3とE5バージョンも「安全な生産性の高いエンタープライズ」バンドルの一部として利用できるようになると語った。

セキュアなプロダクティブエンタープライズE3(旧称「エンタープライズクラウドスイート」)には、Windows 10 Enterprise E3、Office 365 E3、およびEnterprise Mobility + Security E3が含まれます。 (エンタープライズモビリティ+セキュリティは以前はエンタープライズモビリティスイートと呼ばれていたバンドルですが、ここで私と一緒にいらっしゃいましたら)。また、Windows 10 Enterprise E5、Office 365 E5、およびエンタープライズモビリティ+セキュリティE5。

マイクロソフトは、パートナーに、今年秋からCloud Solution Providerチャネルを通じてWindows 10 E3サブスクリプションを販売することを許可すると語った。マイクロソフトによると、パートナーは、ユーザーに1つの契約、加入契約と利用状況、1つのサポート契約、1つのシンプルな請求書を提供することができるという。

マイクロソフトでは、Windows 10 E5の価格設定やアベイラビリティのタイミングについては発表していません。私は、このバージョン(Windows Defender Advanced Threat Protectionを搭載したバージョン)も今秋にリリースされるかどうか尋ねました。これまでの言葉はありません。

アップデート:マイクロソフトでは、Windows 10 E5の価格や入手可能性について今日は話していないと、広報担当者は述べている。マイクロソフトの関係者は、Windows 10 E3が8月2日にリリースされるかどうか、またWindows 10 Anniversary Updateの他のバージョンが利用可能になるかどうか、今秋には利用可能になるかどうかについては言及しない。

また、ユーザーはWindows 10 ProからWindows 10 Enterpriseに移行することができ、再起動は必要ありません。 (私は、ブート不能移行機能は、最近のWindows 10 Anniversary Updateビルドの一部であったミステリーコードだと思います。)

Windows 10、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、クラウド、MicrosoftのクラウドパートナーのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようにする、エンタープライズソフトウェア、WindowsのためのMicrosoftの新しいビジネスモデル10:有料プレイ

Windows 10 Enterpriseをサブスクリプションとして購入したくないユーザーは、マイクロソフトの正規のライセンスプログラムを通じてWindows 10 Enterprise E3をデバイス単位で入手することができるという。

先週私が尋ねたところで、Microsoftの幹部は、新しいWindows 10 EnterpriseとSecure Productive Enterpriseのライセンスオプションは、消費者/家庭ではなくWindows 10 Enterpriseのために噂されていた噂の「Windows 365」サブスクリプションサービスではないことを明確にしたかった製品の変種。職員は、新しいWindows 10 Enterpriseサブスクリプションプランは、2014年12月にユーザーごとにWindowsソフトウェアアシュアランスを開始した際に、マイクロソフトが制定したものの続きであると強調した。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10 Enterpriseは、Microsoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションで利用可能になりました

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い