マイクロソフトはOffice 365のライセンスモデルに、新しい「安全な生産性の高いエンタープライズ」Windows 10バンドルを採用

今週初めに発表したDynamics 365に加えて、もう1つのMicrosoftバンドルが登場します。

その他のWindows 10

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、Windows 10 EnterpriseをMicrosoftのクラウドパートナーから購読可能、Windows 10の新しいビジネスモデル: Pay for play; MicrosoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようになりました。Windows 10の問題のトラブルシューティングと修復

7月7日にMicrosoftが発表した「Secure Productive Enterprise」バンドルには、Windows 10 Enterprise、Office 365、および新しく名前が変更されたEnterprise Mobility + Securityスイートが組み込まれています。 (エンタープライズモビリティ+セキュリティスイートは以前はエンタープライズモビリティスイートと呼ばれていました)

マイクロソフトはOffice 365で確立した命名ルートを辿り、Secure Productive Enterprise E3とSecure Productive Enterprise E5のオプションを提供する予定です。

E3オプションには、Office 365 E3、エンタープライズモビリティ+セキュリティE3、およびWindows 10 Enterprise E3が搭載されます。 E5オプションには、Office 365 E5、エンタープライズモビリティ+セキュリティE5、およびWindows 10 Enterprise E5が含まれます。

Windows 10 Enterprise E3は、単にWindows 10 Enterpriseの新しい名前だとMicrosoftの関係者は言う。 Windows 10 Enterprise E5は、新しいWindows 10 Enterpriseバージョンで、攻撃を検出して対応する新しいMicrosoftサービスであるWindows Defender Advanced Threat Protectionが含まれます。

Windows 10のこれらの2つのバージョンは、以前のMicrosoftのガイダンスに基づいて8月2日にリリースされるはずですが、木曜日のブログ記事では、今夏の後半にWindows 10 Enterprise E5の可用性について語っています。

現行のEMSサービスは現在、エンタープライズモビリティ+セキュリティE3と呼ばれ、既存のEMS顧客には変更がないとMicrosoftの関係者は言う。マイクロソフトによると、拡張機能を備えた新しいエンタープライズモビリティ+セキュリティE5(今日は未定)が2016年第4四半期に登場するという。

木曜日のブログ記事では、E5 Secure Productive Enterpriseバンドルは今年後半に利用可能となる予定だ。これは、Office 365 E5が最も機能が豊富な(そして高価な)Office 365バージョンと同じように、最高のWindows 10バージョンになります。 (私はE3セキュアプロダクティブエンタープライズバンドルが「今夏の後半に」出るだろうと思っていますが、私は二重チェックしています)。

興味深いのは、新しいSecure Productive Enterpriseバンドルの名前に “cloud”という言葉を使用していないことです(この製品の発表は、Microsoft Cloud PlatformチームのゼネラルマネージャであるJulia White氏からのものです)。

Windows 10、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、クラウド、MicrosoftのクラウドパートナーのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようにする、エンタープライズソフトウェア、WindowsのためのMicrosoftの新しいビジネスモデル10:有料プレイ

Directions on Microsoftのアナリスト、ウェス・ミラー氏は、「セキュア・プロダクティブ・エンタープライズ(Secure Productive Enterprise)」の発表の多くは、「1つの重要なサブスクリプションの下でブランドを調整することです。それは主にエンタープライズ・クラウド・スイートのリブランドです。

先週私のウェブサイトの同僚であるEd Bott氏が指摘したように、Windows 10サブスクリプションのいくつかを指摘した最近のWindows 10プレビュービルドのファイルが、これらの新しいバンドルに関連しているかどうかは疑問です。

マイクロソフトは、今後のSecure Productive Enterpriseバンドルの価格設定については公開していません。

アップデート:私は、新しいセキュアプロダクティブエンタープライズがサブスクリプションとしてWindows 10と見なされるかどうかをマイクロソフトに尋ねました。これは「Windows 365」の噂があったときに会社が紹介されることを懸念していました。マイクロソフトの関係者によると、この新しいバンドルは、2014年にWindows用のソフトウェアアシュアランスのユーザーごとの価格設定/ライセンスを追加したときにMicrosoftが発表したものの続きです。

会社のスポークスパーソンを通じて提供された、会社の完全な対応

エンタープライズクラウドスイート(ECS)、そして現在はセキュアプロダクティブエンタープライズは、サブスクリプションモデルでユーザーごとにライセンスされています。これは、2014年12月のWindowsユーザーSAとECSの開始以降、この新しいブランドでは変更されていません。

マイクロソフトは、ソフトウェアアシュアランスを添付した永久アップグレードライセンスを含む、Windows用のデバイスごとのライセンスを引き続き提供しており、Windows 10 Enterprise E3としての名前変更以外でこれらのデバイスごとの提供は変更されていません。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を見出した

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10 Enterpriseは、Microsoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションで利用可能になりました

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い