マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

マイクロソフトでは、10月下旬にハードウェアの秋製品を発売する予定で、Surfaceブランドのデバイスを取り除くと聞いている。連絡先の一部は「Cardinal」と呼ばれている。

その他のWindows 10

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、Windows 10 EnterpriseをMicrosoftのクラウドパートナーから購読可能、Windows 10の新しいビジネスモデル: Pay for play; MicrosoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようになりました。Windows 10の問題のトラブルシューティングと修復

Surface Cardinalは、あなたのデスクを「スタジオ」に変身させる製品として位置づけることができると聞きました。私の賭け:Cardinalは、Windows Centralで最初に報告された、1,2、および/または3種類の画面サイズ(21,24、または27)のWindows 10を搭載した噂の表面オールインワンデバイスです。 Surface Hubの中心にあるPerceptive Pixelスクリーンテクノロジーを使用して、Windows Centralが推測しているように、これはMicrosoftのSurface Hubの消費者重視のバージョンかもしれません。

( “Cardinal”がコードネームか最終的な名前か分かりません。コードネームを賭けています。)

マイクロソフトは、2015年にオールインワンモジュラーPCの特許を申請しました.2016年2月に発行されました。

マイクロソフトは予想通り、イベントで何がショーケースになるのか、それともそのようなイベントがあることを認めているのかについて具体的な情報を共有していない。私は尋ねた。

最後に、この秋のリリースでは、より新しい、より速いプロセッサーとおそらくいくつかの他のマイナー機能のアップデートを含む、同社の既存のSurfaceタブレットの一部を軽くリフレッシュするかもしれないと聞きました。しかし、Surface Book 2やSurface Pro 5のような新しいデバイスは、2017年の春になると大きな噂が出る可能性は低い。Surface Phoneは、それが現実化すればかなり遅くなる可能性があるという。

MicrosoftがAtomベースのSurface 3またはMicrosoft Band 2のアップデートを公開する予定があるかどうかについては何も聞いたことがない。私の連絡先は、この暦年にどちらのデバイスにもアップデートを期待しないと言っている。

マイクロソフトでは、昨年の秋の立ち上げのようなマイクロソフトのハードウェアに関するすべてのイベントにするのではなく、秋のハードウェアの起動時に多数のOEMデバイスを紹介する予定だと聞きました。去年、10月6日にニューヨークで開催されたMicrosoftの秋のハードウェアイベントは、Surface Book、Surface Pro 4、Band 2.0、Lumia 950/950 XL携帯電話のランチパッドとして役立った。

私の連絡先の1人は、この秋のハードウェア発売日に「Project Rio」というコードネームがあると語った。私は実際の日付が10月の最後の週である可能性が高いと聞いています。おそらく10月26日です。私がその場所について推測するなら、それは再びニューヨークにあると予測します。

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、クラウド、Microsoftのクラウドパートナー、エンタープライズソフトウェア、WindowsのMicrosoftの新しいビジネスモデル10:有料プレイ、Microsoft、Could Androidの未来はWindows?

Microsoftはゲームストリーミングサービスを指すために以前にRioのコードネームを使用していたが、それがリリースされる前にそのサービスを最終的に殺したと私の筋によると、

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10 Enterpriseは、Microsoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションで利用可能になりました

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い

Androidの未来はWindowsだろうか?