モトローラモビリティがAppleに訴えて(再)、iPhone、Mac輸入禁止を求める

モトローラモビリティは、Appleに対して新たな特許侵害訴訟を提起し、その範囲のデスクトップおよびモバイルデバイスが米国での販売を禁止されることを望んでいます。

Googleが所有しているハードウェアメーカーは、iPhoneメーカーが位置通知、電子メール通知、音声認識による「インテリジェント」アシスタントであるSiriなど、7つの特許権を侵害していると主張している。

モトローラモビリティは、中国に建設されたiPhone、iPad、Macコンピュータの輸入を防ぐため、米国国際貿易委員会(International Trade Commission)で輸入禁止を求めている。

モトローラモビリティ社長は、「これらの特許問題を解決したいと考えているが、ライセンシーを働かせたくないというAppleの意向は、私たちと技術者の革新を守るために選択肢を残すものではない」と述べた。

2人の技術巨人は、互いの製品のライセンス交渉が失敗した後も、2010年以来の継続的な特許である特許をめぐる争いを続けている。

モトローラのスマートフォン製作腕がAppleに対して訴訟を提起したのは初めてではない。 8月24日の判決は、Wi-Fi特許に関する以前のケースの結果を決定するだろう。モトローラが保有する特許をAppleが侵害した場合、その特許がライセンス供与されるか、または削除されるまで、米国でのiPhoneの販売がブロックされる可能性があります。

しかし、この2つ目の鼎洞では、モトローラモビリティのケースをさらに助けてくれるかもしれません。金曜日に提出された書類で主張されている特許は、標準に不可欠な特許ではない;裁判所は企業に標準的ではない特許のライセンスを強制することはできない;つまり、アップルは特許を完全に捨てなければならないかもしれない。

アップルはこれまで、モトローラのライセンス料があまりにも高すぎると主張してきた。 ITCは、Appleがモトローラの特許の1つを侵害しており、今週早くにiPhoneの輸入を禁止することができると述べた。

これがどのようになるかは誰の推測でもあります。結局のところ、GoogleがMotorola Mobilityの購入で手にした特許ポートフォリオは、結局払うことができるように見えている。

「GoogleのDeepMindは、マシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを主張している

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

BoxはGoogle Docs、Springboardと統合されています

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

人工知能;?GoogleのDeepMindは、人間と同じように機械を話す主要なマイルストーンを主張している;開発者、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収した; CloudはGoogle Docs、Springboard、Mobilityと統合している。