富士通、新しいチップを搭載したUnixサーバを発売

富士通テクノロジーシステムズ(Fujitsu Technology Systems、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ)は、Prime PowerのUnixサーバのサーバ速度をアップグレードしたと発表した。ハイエンドのPrimepower 800,1000、および2000モデルは675MHzのSparc64-GPプロセッサを使用でき、ローエンドの200,400および600モデルは600MHzバージョンを使用できます。同社はまた、システムが「クラスタ」に参加する能力を向上させました。システムでは、1つのシステムで取ることができます。

これまでのハイエンドマシンは、450MHzまたは563MHzのSparc64-GPチップを使用していました.SunのUltraSparcラインと互換性があり、SolarisのSolarisオペレーティングバージョンを実行します。ローエンドマシンは、200MHz、250MHz、400MHz、または500MHzで動作するCPUを使用していました。このシステムを使用している顧客には、Southwest Airlines、Daimler-Chrysler、EMC、Blue Cross、Blue Shield、Minnesotaなどがあります。 – スティーブンシャンクランド、ウェブサイトニュース特集

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

Nvidiaは非営利の研究のためにAIスーパーコンピュータを提供

データセンター:IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「何十年にもわたって考えることができる、データセンター、Dellテクノロジーズ・リフトオフ:Dell、EMC、人工知能; Nvidiaは非営利研究のAIスーパーコンピュータを提供