2010年にインドITが2桁成長を達成

市場調査会社によると、雇用者数は増加するはずだが、ベンチマークの上昇が予想され、グリーンITが勢いを増す可能性がある。

経済活動の奨励兆候が出ている」とナスコムの社長、ソム・ミタル(Som Mittal)はアジアのウェブサイトで電子メールで語った。「テクノロジー企業は採用騒ぎに戻り、合併・買収が視野に入っている。

ナスコムの見通しによれば、インドのIT産業は2009会計年度中に4%から7%の間で上昇すると予測されています。しかし、2010年4月からは、この国は「二桁成長」を見ているは​​ずだとMittalは述べています。

リサーチハウスIDCによると、国内IT-ITES(ITおよびIT対応サービス)市場は、2009年の5.4%から2010年には約27%増の270億ドル(12億ルピー)に達するはずです。

混在した幸運の年; Patni Computer SystemsのVijay Mehra、執行副社長兼グローバル垂直部門責任者は、2009年を「極度の不確実性の年」と述べました。彼は電子メールでアジアのウェブサイトにこう語った。「インドのIT企業(昨年)は、コストを削減し効率を高めるのに役立つクライアントのビジネス目標と設計技術のソリューションとより密接に関連しているように見えた。

実際、IT企業は顧客との固定価格契約モデルに移行した」とMehra氏は付け加えた。

Mittalによると、2009年はインドのBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)業界にとっても混沌とした年でした。 「今年は、いくつかの電子政府イニシアチブの発表とサティアム危機の迅速な対応が見られた」と指摘した。

Mittal氏は、企業が革新の道を切り開いて顧客ニーズに応え、競争力を維持し続ける中で、金融混乱から浮上したことは新しいビジネスモデルの登場だと指摘した。

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

PricewaterhouseCoopersのエグゼクティブディレクター、Hari Rajagopalachari氏によると、ほとんどの企業は、低コストの目的地からの競争の勃発、人員の純減、契約の再交渉を見た。

積極的な面では、Rajagopalachariはアジアのウェブサイトで、景気の減速も多くのインドの企業に生産性、効率性の向上、人的資源とハードウェア資源の最適利用に焦点を当てていると語った。

また、クラウドコンピューティングやSaaS(Software-as-a-Service)などの非線形ビジネスモデルなどの新技術の登場も見られました。

シスコシステムズのインド南アジア地域担当責任者であるNaresh Wadhwa氏は次のように述べています。「2009年には、仮想化、クラウドコンピューティング、ユニファイドコミュニケーション、SaaSなどのテクノロジーが普及しました。

WadhwaはWebサイトアジアに、テレプレゼンス、無線LAN、ネットワークセキュリティ、ネットワークストレージ、IP電話などの音声ソリューションなどのコストを削減し、ビジネスの生産性を向上させるテクノロジに投資したことで、通信業界にとって大きな恩恵をもたらしたと語った。

企業部門担当副社長兼Cadence Design Systemsのマネージングディレクター、Jaswinder Ahujaは、コアセグメントの強みと既存の製品ラインを補完するためのリソースの統合と再編に重点を置いて、コストを削減する取り組みの中で、 Ahuja氏は、「彼らは資本効率を重視し、ハードウェアとソフトウェアの両方の開発コストを抑えるための援助を求めた」とEメールで語った。

より高い雇用、2010年の投資Mittalによれば、新年はニッチスキルや専門分野を中心に雇用の増加を享受します。 「この年は、業界がドメイン特有のスキルをもって最高の人材を雇用することを目指すべきだ」と彼は語った。

Rajagopalachari氏は次のように述べています。「キャンパスの採用が増加し、2010年にはIT企業がより高いベンチを維持しています。

2010年はまた、電子政府を重視していると、現在パイロット段階にある多くのプロジェクトが生きることが期待されていると同氏は述べた。

Rajagopalachariは、銀行、金融サービス、保険業界は引き続き市場回復を見込むと述べている。「銀行が回復するにつれ、銀行支出の安定した見通しが予測される。

Unisys Global Services Indiaのバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャであるKumar Prabhas氏によると、2010年には、虹彩、顔または指紋スキャンなどのバイオメトリック識別ツールを使用して、空港。

その年の間に、無機成長が顕著になるだろう。

PwCのRajagopalachari氏は次のように述べています。「インドの企業は現金収入を得ており、日本、ドイツ、フランスのような言語に敏感な市場でも喜んで利用しています。

また、年々投資が増えるはずです。 Wadhwa氏は次のように述べています。「電子政府、仮想ヘルスケア、遠隔教育、接続支店サービス、地方銀行、管理データサービス、ホスト型統一通信、公共安全とセキュリティのIT投資は加速するでしょう。

シスコのWadhwa氏によると、ユニファイドコミュニケーション、ビジネスビデオ、Web 2.0、仮想化などの次世代技術によって可能となるコラボレーティブな文化を変革し、採用しようとする企業は、持続可能な競争優位を得るだろう。

仮想データセンター、コラボレーションテクノロジ、テレプレゼンスは、エンタープライズコンピューティングの未来になるでしょう。

IDCによると、2010年には、「没入型テレプレゼンス」、テレビ会議などの「socialytic」やWeb 2.0アプリケーションなどのコラボレーションとユニファイドコミュニケーションが統合されたビルドアウトを目撃します。

さらに、IDCによると、電力管理と冷却効率は、大企業およびBPO業界のトップマネジメントから注目を集めるようになるでしょう。同調査会社は、「グリーンとインテリジェントな都市と経済特区(SEZ)を全国に設置する」と述べた。

挑戦なしの成長、インドのIT産業の2010年の成長には、独自の課題が伴います。

Mittalによると、業界の準備が整った労働力の確保、適切なインフラストラクチャーの利用、他の低コスト国との競争、直接的および間接的保護主義措置および通貨変動などの問題は、市場が今年。

最高の人材を引き付けて維持する必要性を除いて、Rajagopalachariは人力不足が給料の引き上げにつながると指摘した。

もう一つの課題は、インド主要都市のインフラストラクチャーがソフトウェア業界の持続的な発展に追いついていないという事実から生まれたものだという。

さらに、インドの法制度は依然として障害となっている。

Rajagopalachari氏は、法制度が改善されても、ハイエンドの研究活動や知的財産(IP)に関連する研究のインドへの動きを阻止し続けるだろうと述べている。

最後に、インドで高インフレが目撃されたことにより、運営費と金融費が増加すると予想されます。これは、インドと米国の賃金格差を縮小すると、Rajagopalachariは言った。

スワティ・プラサドは、インドに拠点を置くフリー・ランスITライターです。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする