Dellの無炎ノートブック

クアラルンプール – デル・アジア・パシフィックは、ペナンと中国の2つの工場から出荷されたノートブックのどれも、ユニットが炎に遭う可能性のある不完全な電池を持っていないことを確認しました。

アジアでは誰もいません。ペナンとアモイの工場で製造されたノートPCに同梱されているバッテリーは影響を受けていません」とデル・アジア・パシフィックのスポークスマンJudy Low氏は述べています。

彼女は、2000年6月22日から9月15日までの北米、中南米、およびヨーロッパ、中東、および2000年6月22日から10月4日までのアフリカで顧客に直接出荷されるDellノートブックで販売されたバッテリ。

影響を受ける可能性があるモデルには、Latitude CPiA、CPiR、CPtC、CPtS、CPtV、CPxHおよびCPxJ、およびInspiron 3700および3800があります。

デルのコンピュータ企業は、米国企業の顧客1人が、Dellのノートブックのバッテリが煙が出て火災を起こしたと報告した後、金曜日、27,000台の疑わしいバッテリを回収したと報じた。事件で誰も負傷しなかった。

当時のデルの広報担当者は、「チャンスを取っていない」と述べ、別のインシデントは「あまりにも多い」と述べた。

故障したバッテリは、家電メーカーのSanyo Electric Coの子会社である三洋エナジー・コーポレーション(Sanyo Energy Corporation)が製造するリチウムイオン充電式電池であり、世界で最も大きなバッテリーのサプライヤの1つであると指摘された。

1995年8月にApple Computerが直面した新しいPowerBook 5300sに似た広報の悪夢が、Dellの迅速なリコールであったと思われる。また、リチウムイオン電池を搭載した、未定のメイクの1つのノートブックは、シンガポールのアップル工場で火災に遭いました。

クラウド、マイケル・デルがVMware社の取締役会に就任クラウド、マイケル・デルがEMCとの契約を締結した:「デルは数年後に考えることができる」デルのテクノロジーはQ2の成果を発表した、データセンターはデル・テクノロジーズのリフトオフ: EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

Appleは流通経路にすでに達していたコンピュータを想起したが、事件が深夜のトークショーのジョークになる前ではなく、コンピュータの定期刊行物のページに「燃えるノートブック」グラフィックが飾られた。

デルは、バッテリーの電力を40%以下の安全な充電レベルに正しく排出する方法を含む、詳細なサポートページをWebサイトに設定しています。

「リコールプロセスの一環として、交換用のバッテリを、影響を受けている可能性のあるバッテリを無料で直ちにお客様に送付しています」とロー氏は、影響を受けたすべての顧客に通知されたと付け加えました。

マイケル・デル、VMware社の取締役会会長に就任

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell TechnologiesがQ2の結果を掲載

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合