Facebookのインターネットドローンアクイラは飛行を取る

Mark Zuckerbergは、地球上の各地にインターネット接続を実現するために一歩近づいています。 Facebookのインターネットドローンは、Aquilaと呼ばれ、最近の最初の本格的なテスト飛行を行ったと、同社は木曜日に発表した。

6月28日、無人機は、アリゾナ州ユマの空を横断して低高度で90分も飛行した。

Zuckerberg氏はThe Vergeに語った。「私たちはテレメトリーやデータをたくさん集めていましたが、いくつかの事柄がありました。私たちは、私たちが思っていたよりも効率的でした。私たちは微調整したい。私たちは別のテスト飛行を行い、まもなくその中の通信ペイロードで太陽光発電飛行機をテストします。

最終的に、Facebookは無人機を60,000フィート以上の高度に持ち帰り、現時点での太陽光無人飛行の現在の記録よりもはるかに長い、3ヶ月間の飛行を計画しています。

Aquilaは無人機から地上の受信機への接続をビームにするためにeバンド技術を使用する。 Facebookは、すでに10マイル以上離れた場所から10キロビット/秒の速度でターゲットにデータを届けることができるレーザーを実験室でテストしているという。

6月28日のテスト飛行中に、標高2,150フィートでクルージングする間、Aquilaは2,000Wの電力を消費したと同社は述べています。 60,000フィートのところでは、約5,000Wの電力を使用して寝ることができるはずです。

Aquilaは、世界中の接続性をサポートするFacebookの計画の一部にすぎません。先月、同社は遠隔地に展開できるOpenCellularと呼ばれる無線アクセスプラットフォームを発表した。今年の初め、FacebookはTerragraphと呼ばれるシステムを導入しました。これは、ネットワークが頻繁にトラフィックが混雑している密集した都市や都市部にブロードバンドを送り込むことを目指しています。彼らはまた、牡羊座と呼ばれるシステムをデビューさせました。このシステムは、既存の無線スペクトルを使って農村地域の移動信号強度を向上させることを目指しています。 Facebookはまた、Atlanticを渡って海底ケーブルを建設するためにMicrosoftと提携している。

同社のプロジェクトの一部には抵抗があった。今年の初めに、無料の制限付きインターネットサービスである無料基本は、インドの全国通信規制当局によってネット中立性の侵害として禁止された。

3Dプリンティング、3D印刷、木版加工、銀行業務、バークレイズとのモバイル決済、フィンテックイノベーション、イノベーション、ビクトリア州は現地の技術者の夢の実現を目指しています、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの組織原理は何ですか?

一方、Facebookは、接続性を拡大する革新的な新しい方法をテストしている唯一の会社ではありません。 Googleには、SkyBenderという太陽光発電の無人機があり、これはニューメキシコ州の上空を飛行する。 GoogleはProject Loonのインターネット風船にも取り組んでいます。

時には、最も深刻な解決策は、問題全体を変更することです。

3D印刷の手作業:木材を使った作業

?CommBankはモバイル決済、fintechイノベーションのためのBarclaysと提携

ビクトリア州は、地元の技術才能の夢のフィールドを目指しています

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?