Gartner Q3 2008のデータによると、iPhoneはWindows Mobileを通過し、Nokiaは最初の減少

先月、Canalysは第3四半期のスマートフォンの販売データをノキア、第2位はApple、第3位はRIMと発表した。今日、Gartnerは、第1四半期(42.4%)、第2位(15.9%)、第3位(12.9%)のRIMを維持しながら、第3四半期の業績を発表しました。 HTCは4.5%で4位となっています。衝撃的な数字は、アップルの2007年第3四半期から第3四半期までの成長率で、327.5%です。オペレーティングシステムの内訳は同じ順序で示されています。

興味深いのは、ガートナーは、自社ブランドのデバイスだけを数え、キャリアや他のメーカー(Sony Ericsson、Palmなど)によって多くのデバイスがブランド化されているという点です。その他のカテゴリでは、20.9%のマーケットシェアが表示されているため、HTCがどれほど高い評価を得ているかをデータで正確に示すことができない場合があります。

オペレーティングシステムを見ると、iPhoneはWindows Mobileと比較して12.9%(11.1%)です。 iPhone / Mac OS Xオペレーティングシステムの売上高はWindows Mobileよりもずっと多く、Windows Mobileデバイスが非常に多く、iPhoneの2つのモデルしかないことを考えると、かなりショックです。 Windows Mobileもまたかなりの期間にわたって使用されています。ユーザビリティが機能性や仕様を上回っているようです。

2008年第3四半期の数字は、スマートフォンの売上高が11.5%で増加していることを示していますが、ガートナーがこれまで測定したことがない最も低い成長率です。ノキアはまた、2007年に比べて3%の売上減を記録したことを見ているので、他の主要プレーヤーに圧迫されていることは間違いありません。

Google Android OSは現時点では米国の1台の端末でのみご利用いただけますが、最近起動して以来、数にはまだ表示されていません。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます