Google Newsは、著作権法の見直しを受けて、ドイツでオプトインを開始

今後は、ドイツのGoogleニュースにコンテンツを掲載したいパブリッシャーがオプトインする必要があります。

ドイツ連邦共和国の連立与党では、連邦議会(Bundestag)の大半がドイツ連邦共和国の著作権法の補遺に投票した。

金曜日、Googleは最近、ドイツの知的財産法に加えて、Googleニュースをオプトアウトからオプトインシステムに変更したと発表した。

ドイツの ‘Leistungsschutzrecht;’アグリゲーターがメディア企業のコンテンツをどのように再利用できるかを管理するドイツの著作権法の補遺は、今年初めにドイツの議会に可決された。

この法律は、アグリゲーターや他の人々がニュース記事の一部を使用することを可能にしますが、より多くのコンテンツを使用したい場合は、それを支払うことが期待されます。

Googleのドイツの戦略的パートナー開発マネージャー、Gerrit Rabenstein氏は、Googleのドイツ製品のブログでこう書いています。「法律の不確実性を考慮して、この開発を考慮して、新しい確認システムを導入しました。

Googleニュースやオプトアウトを希望するサイト運営者は、確認システムを使用して検索の巨人に知らせることができます。

ドイツ以外の国では引き続きオプトアウトシステムを使用するため、パブリッシャーはrobot.txtファイルやメタデータを使用してGoogleのクローラに何を無視するかを知らせるなどの手順を踏む必要があります。検索巨人のニュースアグリゲータによってインデックスされています。

「何百万人もの読者を自分のサイトに移してコンテンツをより見やすく見やすくすることで、最高の出版をサポートすると確信している」とレーベンシュタイン氏は語る。

ヨーロッパの出版社のすべてが確信しているわけではありません。最近数ヶ月で、フランスとドイツの両者は、Google Newsでのメディア・コンセントのスニペットを使用すること、Googleに支払いを強いる可能性について検討した。

「GoogleのDeepMindは、マシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを主張している

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

BoxはGoogle Docs、Springboardと統合されています

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

人工知能;?GoogleのDeepMindは、人間と同じように機械を話す主要なマイルストーンを主張している;開発者、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収した; CloudはGoogle Docs、Springboard、Mobilityと統合している。