Hasso Plattner、SAPのソフトウェアビジョンを概説

SAPの共同設立以来35年以上にわたり、Hasso Plattnerはビジネスソフトウェアの変革を模索してきました。アトランタで開催されたSAPの年間サファイア会議で、Plattner氏は、次世代製品A1Sビジネススイートの背後にある主要な原則の多くを詳細に説明した次世代ソフトウェアに関するセミナーを行いました。 (SAPのGlobal SMEの社長であるHans-Peter Klaeyとの会話から、私はここでA1Sについて書きました)。

Plattnerの指導の下、SAPの製品と技術を率いるShai Agassiの撤退が、日々の会社の関与に影響を与えるかどうかをPlattnerに尋ねた。彼はSAP監督委員会の議長を務め、Hasso Plattner Institute of Designで教鞭を執り、スタンフォード大学で3500万ドルの寄付を行いました。 「Shaiとの私の議論のすべてを行う代わりに、4つの異なるグループがあり、2003年の組織に戻っている」とPlattner氏は話す。 「あなたが経営幹部の仕事に就いていないときは、ちょっと選んで選ぶことができます。私はメモリ内のデータベース、コミュニティ、ユーザー中心のデザインに魅了されています。

Plattnerの次世代オンデマンドビジネススイートの記述は、アプリケーション、プラットフォーム、エコシステム、そしてWorkdayでPeopleSoftの創業者であるDave Duffieldが作成しているものと、過去8年間にsalesforce.comが開発したものと多くの点で似ていました。

SAPはオンデマンドのゲームに遅れていますが、ここ3年間でA1Sに取り組んでいます。 Plattnerによれば、SAPのA1Sオンデマンドサービスは、salesforce.comやWorkdayよりも幅広く、ビジネススイート全体や業界をカバーしています。このような状況において、NetSuiteはコアビジネスアプリケーションの全範囲を網羅していますが、SAPは2000年以上にわたる一連のエンタープライズサービスと、製品やサービスのマーケティングのための大きな戦争胸のような業界の専門分野にわたる深い専門知識を活用しています。 Plattnerは、革新のエコシステムを生み出し、顧客にとって第一の信頼できるパートナーとしての役割を果たすというSAPの役割を評価しています。

NetSuiteのように、SAPはオンデマンドCRMアプリケーションのテレマーケティングほど簡単ではない金融システムやその他のビジネス機能の置き換えという概念を持つ中小企業への販売問題に直面するでしょう。しかし、オンデマンドメッセージは、毎月の投資収益率の点でCIOやCFOにまで広がっています。

これまでのところ、SAPはA1Sを一般に公開していません。このSAPイニシアチブにどのくらい乗っているかを考えれば、Plattnerが基調講演で設定した基準を満たす必要があります。その1時間15分の基調講演で、Plattnerは彼が「新しいアイデア」と呼んだことの側面を説明しました。特徴の中には

Hasso Plattnerは、データおよびプロセスモデル、アプリケーションから抽象化されたユーザーインターフェイス、エンタープライズサービスリポジトリ(ESR)、リアルタイムアナリティクス、アプリケーションとサービスをマッシュアップするための作成ツール、コミュニティ。

PlattnerはSAPのコミュニティ、2,000人のパートナー、1,000万人のユーザーを成功の鍵とすることを強調しました。上記の彼の図の中心にあり、物事を行うオープンソースの方法を認識し、コミュニティが貢献し、継続的に製品の設計と進化に参加することを可能にします。

また、迅速な開発、迅速なテスト、所有コストとコミュニティの低コストといったオンデマンドモデルの利点、およびマルチテナントやシングルテナントなどのオンデマンドサービスを設定するさまざまな方法についても説明しました。

The Big Ideaの根源には、サービスアプローチ、モデルベースの開発、コミュニティ主導の生態系とビジネススイートがあります。これは、もはやモノリシックではなく、並べ替え、置換、変更が容易な数千の内外のサービスで構成されます。それは新しい世界です。私たちは、SAPのA1Sが新しいリーダーであるか、それとも恵まれたフォロワーであるかを待たなければなりません。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します

SOAをデザイン原則として活用する、展開オプションの1つとしてオンデマンドのクラウドコンピューティング、モジュラー展開、コミュニティ – ウィキ、ブログ、チャット、ビデオ、ソーシャルネットワーク、コラボレーション、水平標準、コード公開なし、モデルベースの構成(T-Rex;ユーザ中心設計、アプリケーションからユーザインタフェースを分離、配信プラットフォーム(ブラウザ、クライアント、デバイス)間のハーモナイズドユーザインタフェース、完全にポータルベース、アクティビティの出発点として検索する

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業