HPは、データセンターサービスのメニューに建設を加える

Hewlett-Packardはデータセンター建設の急増を予期しており、顧客がそれらを構築するために費やす費用の多くを獲得したいと考えています。

同社は本日、建設管理慣行であるクリティカル・ファシリティ・インプリメンテーション・サービス(CFI)を設計、供給、データセンター・シェルの建設を発表しました。 CFIは中国とインドで既に稼動しており、HPはこの拡大の大部分を期待しています。

以前は、HPのクリティカル・ファシリティー・サービス(CFS)がそのスペースでエンジニアリングを行うことになりましたが、お客様は建設マネージャーと契約を結びました。これは「設計入札ビルド」として知られています。データセンターの知識。 CFIは建設管理コンポーネントを扱いますが、HPはハンマーと釘を従業員の手に渡すつもりはありません。それは地元の請負業者と協力して作業を完了する、と彼は述べた。

顧客にとって、HPは、何かがうまくいかず、安価な価格タグがついたときに、単一のベンダーを使用することから得られる利点を販売しています。同プログラムは、エンドツーエンドのコストを25〜30%削減する可能性があるとアインホーン氏はComputerWorldに語った。その節約の大部分はスケジュールを減らすことによって達成されます。 「設計と建設で多くの作業を圧縮することができます。後でなく早く建設を開始し、早く市場に投入することができます」

HPにとって、建設事業はバイヤーの財布のより大きなシェアを獲得し、顧客との関係を強化する機会です。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

HPEは、非コアのソフトウェア資産をMicro Focusに88億ドルで売却する

HPE、ソフトウェアポートフォリオを売却する協議

HPEがVerticaをアップデートし、Haven OnDemandの機械学習機能を強化

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEはLinuxディストリビューション、エンタープライズソフトウェア、HPEは非コアのソフトウェア資産をMicro Focusに88億ドルで提供する、エンタープライズソフトウェア、ソフトウェアポートフォリオを売却するHPE、エンタープライズソフトウェア、HPEアップデートVertica、機械学習機能を強化ヘブンオンデマンドで