i.Tech Bluetoothクリップヘッドセットレビュー

i.Tech Bluetooth Clipヘッドセットは、異なるデザインを少しばかり見ているという問題を解決することを目指しています。ヘッドセットの本体は、ジャケットやその他の衣服に取り付けられるクリップで、サウンド出力用の小さなイヤホンが付いています。

このデザインでは、クリップが他のヘッドセットよりも自己完結型ではなく、堅牢性が低いと思われますが、耳にぶら下がっているプラ​​スチックの塊を嫌うのであれば、はるかに良い選択肢です。クリップとイヤホンの間にワイヤーを置くと、問題が発生する可能性があります。たとえば、シートベルトに引っかかる可能性があります。コールコントロールボタンはイヤホンの上にあり、音量コントロールはクリップ自体にありますので、誤って自分を切断することはありません。芽が耳に入っているときに、1本の指で呼び出しボタンを押すことができます。私たちは比較的低いプロフィールにもかかわらず、タッチでボタンを見つけるのに何の問題もなかった。着信コールが1回鳴ると、それだけです。このビープ音が鳴らず、電話がサイレントモードになっているなど、着信の通知がない場合は、電話を逃すことになります。答えは、もちろん、常にあなたの携帯電話の着信音をオンのままにしておきます。クリップは、ヘッドセットからの着信を拒否することをサポートしていませんが、これはごく些細なことです。サポートされているもう1つの機能は、コールボタンを2回押すことによって達成される最後のリダイヤルです。これはハンズフリーBluetoothプロファイルをサポートする電話機でのみ利用可能ですが、この機能を当社のテスト用電話機、Sony Ericsson P900で使用することはできませんでした。付属のメインチャージャーはクリップに直接差し込んでいますが、バッテリの残量を伝えるためにヘッドセットの動作を待つ以外の方法はありません。クリップのデザインには良い点と悪い点があります。そのため、堅牢性や外観がより重要かどうかを判断する必要があります。私たちが見た他の多くのヘッドセットよりもコストがかかりませんが、比較的短い待機時間と通話時間を提供します。毎日の使用ではなく、時折ヘッドセットを探しているなら、クリップは適切に仕事をします。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン