IBM、特許競争をリード

米国特許商標庁は、特許付与を追跡するFairview Researchの一部門であるIFI Claimsの統計によると、2010年に219,614件の特許を2009年より31%増加させた。

そのうちIBMは5,896件の特許を取得し、2009年に比べて20%増加しました。その中でも、ビッグ・ブルーは、コンピュータ・ハード・ドライブ・加速度計のデータに基づく地震の監視と報告、短距離交通情報を提供するための車両間の無線通信、および電気信号ではなく光を用いて通信するシリコンフォトニクスチップ用の光検出器を備えたオプトエレクトロニクス装置に関する。

サムスン電子は4,551件の特許を保有しており、マイクロソフトは3,094件、キヤノンは2,552件、パナソニックは2,482件、東芝は2,246件、ソニーは2,150件、インテルは1,653件、LG電子は1,490件、ヒューレット・パッカード、1,480人。

この話の詳細については、2010年の米国特許賞受賞を読んでください.IBMはまだこのウェブサイトのニュースでトップです。

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行