IBM、米国の2013年特許を取得、Qualcommがトップ10に急上昇

IBMは2013年に米国特許クラウンを再び採用するが、クアルコムはトップ10でデビューし、グーグルはトップ20にクラックした。

IFIクレーム・パテント・サービスのデータによると、IBMは過去6年間で6,809件の特許を取得しており、過去21年間でトップの犬となっています。サムスンは2位、キャノンは3位だった。

クアルコムは2012年に比べて2013年に授与された特許が62%増加し、9位にランクインしました。 Microsoftは5位でした。

上位10位の中には、米国企業3社と日本企業4社(キヤノン、ソニー、パナソニック、東芝)と韓国のエレクトロニクス大手2社(サムスンとLG)があった。

Googleとアップルも上位20位にランクインしたが、検索巨人は1,851件の米国内特許をモバイルライバルの1,775件に授与された。

注目に値するいくつかの項目

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

IBMの特許は、ニューラルネットワークから認知コンピューティング、分析と大量データにいたるまですべての要素を中心に展開されており、BlackBerryは20位であり、特許順位で9位を突破した。結論:ブラックベリーは会社として苦戦しているが、それでもなお知的財産権を獲得している;インテルとHPはそれぞれ18位と19位だった。シスコは特許で40位でした。

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行