IBMの第1四半期の収益は失望し、ハードウェアは再び攻撃を受けた

IBMの第1四半期の業績は、ハードウェアの販売が急落し、収益が予想を下回り、部門がほとんど成長しなかったため、移行の初期段階にありました。

ビッグ・ブルーの第1四半期の業績は、前年同期比21%減の24億ドル(1株当たり2.29ドル)となりました。第1四半期の売上高は225億ドルで、前年同期比4%減でした。 IBMの純利益には、顧客サービスアウトソーシング事業の売却に伴うレイオフ費用8億7000万ドルおよび1億ドルの利益が含まれています。

非GAAPベースの利益は、第1四半期の1株当たり2.54ドルでした。

ウォールストリートは、第22四半期の収益を229.1億ドルの収益で非GAAPベースで2.54ドルと報告することを期待していた。

この見通しについては、IBMは2014年に非GAAPベースの利益で18ドルのシェアを獲得する可能性があると述べた。CEOのGinny Romettyは、同社はワトソンやクラウドなどのより成長しているビジネスへの移行を続けていると述べた。

IBMには、ビジネスユニットの内訳が示されています。 IBMのコアビジネスは、ソフトウェアを除いて、成長しておらず、平静を保つために苦労していません。

ソフトウェア・ユニットはミドルウェアによって導入されましたが、ハードウェア・ユニットはSystem zメインフレーム、Power Systemsおよびストレージの減少によって打ち砕かれました。

マーティンシュレーダーCFO

ブラジル、ロシア、インド、中国の収益は第1四半期に11%減少し、ヨーロッパ、中東、アフリカからの収益は4%増、米州は4%減、アジア太平洋地域の売上高は12%減となりました。 50%以上、第1四半期の年間稼働率は23億ドルに達しています。

24億ドルのシステムおよび技術収入は23%減でした。これはSystem Zの製品サイクルと、Power、ストレージ、System Xの世俗的課題の両方を反映しています.1月にLenovoとの間でSystem X事業を売却する最終契約を締結しました。そして、第1四半期には、ハードウェア事業の他の部分で提供物を再配置し、より適切なものにしました。

Schroeder氏は、System xをLenovoに売却することは、収益性の高いハードウェア事業の規模を小さくすると述べている。また、Power 8の発売はハードウェアを駆動すると付け加えた。

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC

彼はまた、IBMがWatsonやBluemixなどの成長企業に投資しており、研究開発を犠牲にしていないことを示しました。モバイルビジネスは1年前より倍増しました。

結局のところ、シュロイダー氏は、IBMの四半期が改善した可能性はあるが、同社の移行は順調に進んでいると認めている。彼が追加した

私たちは今四半期に多くのことをしました。私たちは、より多くのビジネスをより大きなデータと分析に移行しました。私たちは、モバイルとセキュリティにおいて良好な成長を続け、クラウドに移行し続けています。

その他の要点

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合