IDC:スマートフォンがQ2モバイルマーケットトレインを推進

世界の携帯電話市場は前年同期比でわずか1%の伸びを示したが、市場リーダーが世界のスマートフォンの半分以上を出荷したことでサムスンとアップルにとっては良いニュースであることがIDCの数字で示されている。

全体では4億600万台の携帯端末が出荷され、前年同期は4,080万台だったのに対し、スマートフォンは第2四半期に42%増となりました。

全体として、携帯電話の成長は完全に失望しています。 IDCはこれが「2009年第4四半期以来最低の成長率」であり、42%の上昇にもかかわらず、第1四半期のIDCは43.1%を予想していると指摘した。

サムスンとアップルの両社は引き続き、市場シェア全体で巨大な成長を見せている。ノキアは落ち込み、HTCはスマートフォンの出荷に打撃を与えたが、ZTEはほぼ横ばいだったが、スマートフォンの出荷に失敗したHTCのスペースを取って反発した。

その数字を打破すると、Appleは2,600万台のスマートフォンの出荷を見込み、2011年の数字で600万人の成長を達成しました。サムスン電子は現在、第5四半期のAppleの市場シェアを倍増させる近づいて、5020万台に立っています。

ノキアは財務的な問題にもかかわらず、フィンランドに本社を置く自社の第2四半期の業績に合わせて、世界中で1,000万台以上のスマートフォンを出荷して3位を記録しました。

しかし、携帯電話の分野では、新興市場での優位性のおかげで、Nokiaは第2位を獲得しました.Appleはこれからも努力し続けていますが、まだ実現していません。ノキアは8億3000万台のモバイル機器を出荷した。シェアは20.6%で、サムスンの24.1%だった。

サムスンはノキアの2%近く下落したように見えたが、

モビリティ; 400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる、通信事業者、安価なデータと無料の声でインドの通信会社を揺るがすReliance JioはiPhone 7を充電しながら有線ヘッドフォンを聴く?それはあなたに負担がかかります;スマートフォン; iPhone 7:なぜ私は今年のモデルでついに大きくなるのですか

IDCは今年、長期的な携帯電話とスマートフォンの出荷需要が着実に伸びると予想しています。今年後半にAppleのiPhone 5が発売されると、必然的に需要を増やし、アーチライバルのSamsungに対する賭けを強化するだろう。

イメージクレジット:IDC。

400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす

あなたのiPhone 7を充電中に有線ヘッドフォンを聴く?それはあなたにかかるだろう

iPhone 7:なぜ私は今年のモデルでついに大きくなるのですか