Lenovo、レイオフ、カットバックを発表

Lenovoは、変化する経済状況を受けてより効率的になるための取り組みの一環として、レイオフ、削減、統合の「リソース再配備計画」を発表しました。基本的には、第4四半期の業績は前四半期には失望しており、削減額は財政状態を改善するためのものである。 12月31日に終了した第3四半期の損失を予想している。

経営幹部および役員を含め、第1四半期に2,500人(11%)の従業員を削減し、メリット・ペイとインセンティブを含む役員報酬を30-50%削減します;財務、人事およびマーケティングなどのサポートおよびスタッフ機能の経費削減中国とアジア太平洋地域の組織を現在、アジア太平洋とロシア(APR)と呼ばれる単一のビジネスユニットに統合し、現在はシニアバイスプレジデント兼グレーターチャイナの社長であるChen Shaopengを率いています。アジア太平洋地域のシニアバイスプレジデント兼社長であるデビッド・ミラー氏は、移行期にLenovoと一緒に暮らしています;トロントから北アメリカのメイン・サイトである北米モリスビルにコールセンター事業を移転します。

今日発表された行動には、

また、米Americas Groupの上級副社長兼社長であるScott DiValerioも退社する予定です。

同社は、3月31日に終了する会計年度に約3億ドルの節減を実現すると見込んでいる。第4四半期には、税引き前事業再編費用が約1億5000万ドルと見込まれている。 Lenovoの社長兼CEO、William J. Amelioは声明のなかで

今日取り組んでいる行動は容易ではなく、私たちは最も影響を受けている当社の個人を思いやりと尊敬して行動します。 Lenovoの従業員全員がこのニュースを読んでいる限り、Lenovoが今日の経済で競争するためには、今日取り組んでいるステップが必要であり、長期的には、設計されたPCを引き続き顧客に提供するのに役立つと確信しています世界的に。

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

Lenovo、Microsoft OfficeとSkypeでAndroidを盛り上げる

?レノボは、1Q17の6%の減収

Moto Z Force Droidエディションレビュー:飛散防止表示、バッテリー持続、機能モジュール設計

ハードウェア、レノボは、Microsoft OfficeとSkype、PCでAndroidを盛り上げる?Lenovoは1月17日の売上減の6%、モビリティ、Moto Z Force Droidエディションレビュー:Shatterproofディスプレイ、バッテリー持続時間、機能モジュール設計