Logitech ioパーソナルデジタルペンレビュー

未来的にデザインされたマーカーペンのように見えるLogitechのioパーソナルデジタルペンには、キーストロークをキャプチャする光センサーが組み込まれています。ペン内部のソフトウェアはこれらをデジタル化し、PCを理解して表示できる情報に変換します。ペンをこのように動作させるには、特別な「デジタルペーパー」に書き込む必要がありますが、普通のインクカートリッジでも標準的な用紙に書き込むことができます。デジタルペーパーには小さなドットの不規則なグリッドが組み込まれており、ペンの光学センサーがその役割を果たすことができるのはこれらのものです。

性能; ioパーソナルデジタルペンは、コンピュータ上のノート紙を紙に転写することに関して良好に機能する。私たちは、Outlookに楽しく自分を送り届けた多数の電子メール、予定、予定の項目を作成しました。また、デジタル化されたドキュメントをWordファイルに変換して大きなドキュメントの一部を作成し、他のドキュメントをイメージとして保存しました。すべてこれは問題なく動作しました。多くの人は、io Personal Digital Penの真の利点は、手書きを編集可能なテキストに変換する能力であると主張します。これは、Vision ObjectsのMyScriptNotesと呼ばれるサードパーティのアプリケーションによって実現されます。 Logitechは30日間の試用版をバンドルしていますが、この期限が切れた後も引き続き使用したい場合は、別の30ポンドを切り詰める必要があります。ここでの結果は混在しています。筆記体のスクリプトを使って私たちの標準的な(比較的速い)方法で書くと、翻訳の質は悪くなりました。まともなテキスト変換を得るためには、個々に文字を作成してゆっくりと処理しなければなりませんでした。これを行うことで、有用な結果が得られましたが、会議中に紙に書かれた文章が制約を受けました。たとえば、通常は意味のある簡略表記を使用する場合は、長さを使用する必要がありました。私たちが自分の文章を認識していることを知っていれば、後でテキストに変換する際の効率を最大限に高める必要がありました。数年前にスウェーデンのAnotoが開発したコンセプトと、io Personal Digital Penの一般的な実行の両方が面白いですし、確かに市場があるでしょう。しかし、この制約が広範に普及するには、あまりにも多くのことが判明する可能性があります。デジタルペーパーへの依存は、多くのオフィス状況では欠点になりがちですが、ペン自体は比較的大きく、扱いにくいです。会議で何をどのように書くかに集中する必要性は、一部の人々にとっては迷惑になることもあります。 Logitechによれば、ペンは再充電の間に最大25ページの書き込みが可能で、ダウンロードの間に1MBのメモリに最大40ページのA4ページを保存します(その時点でメモリは自動的にクリアされます)。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン