MicrosoftがOffice for Mac 2011をOffice 365のライセンス認証を含むように更新

マイクロソフトは今週、Office for Mac 2011製品のアップデートを提供しました。このアップデートには、マイクロソフトの最新のOffice 365サブスクリプション製品の一部としてインストールできるように、いくつかの修正とアクティベーションサポートが含まれています。

ミーティングの招待時間がOutlook for Macで不正確に表示される;折りたたまれたセクションのスライドがMac用PowerPointのスライドソータービューの他のスライドをカバーする、ハイパーリンクのハッシュタグ(#)がPowerPoint for Macで正しく保存されない、ペーストを使用するとクラッシュするPowerPoint for Macの部分的なテーブルで特別な、PowerPoint for Windowsに保存されたRTFテキストをPowerPoint for Macに貼り付けることはできません

Office for Mac 2011をOffice 365 Home Premiumの5つのインストールの1つ、またはOffice 365 Univeristyの2つのインストールの1つとして使用するユーザーは、この更新プログラムを取得して14.3と指定できます。 Mac OS Xバージョン10.5.8以降が必要です。

多くのOffice Macユーザーが好奇心を抱いていることを知っているからといって、MicrosoftがOffice for Macの次のバージョンを利用できるようにする予定があるときは何の言葉もない。

マイクロソフトの広報担当者は、「新しいOffice for Macは、新しいOffice for Windowsの後12ヶ月間出荷され、利用可能な場合には新しいアプリを自動的に入手する」と語った。

Office 365 Home PremiumおよびOffice 365 Universityのアクティベーションを追加することに加えて、14.3アップデートでは以下の問題が修正されています

Paul Thurrottは、Office 365 Home Premiumの一部であるMac用Officeの詳細について説明します。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

アップル、iWorkコラボレーション機能を提供

MicrosoftがSkypeのチームコラボレーション機能を強化してSlack

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?エンタープライズソフトウェア、AppleがiWorkコラボレーション機能を提供する、コラボレーション、MicrosoftがSkypeのチームコラボレーション機能を強化してスラックを取る、モビリティ、ブラジル政府がWazeを禁止する可能性

ブラジル政府がWazeを禁止する可能性