MSCの努力は実を結ぶ

CYBERJAYA(MSCTimes.com) – 政府のマスタープランであるマルチメディアスーパーコリドー(MSC)を通じ、世界のICT産業をリードする地元の技術革新が生まれてきたとDatuk Amar氏、エネルギー大臣Leo Moggie 、コミュニケーションとマルチメディア。

マレーシアのIT企業数は約1,500社で、2000年のIT売上高予測は昨年の13%増の60億ラントに達する見通しだ。

さらに、今年末までに、マレーシアのアクティブなPCの設置台数は約220万人で、インターネット加入者数は160万人に達すると推定されています。

マルチメディア開発公社(MDC)と韓国マルチメディア・コンテンツ・インスティチュート(MDC)との間のMoU調印式では、製造業、銀行業、金融業がそれぞれマレーシアのIT支出の17%と14%を占めている&ソフトウェア(KOMS)

韓国情報技術シンポジウム:マレーシアにおける韓国情報技術シンポジウム(KITS)2000の結成につながるMoUは、両当事者の最初の協力である。

2日間のKITSには、MDCによるMSCのプレゼンテーションとKOMSの活動報告からなるシンガポールに参加するマレーシアと韓国の各30社が参加する予定です。さらに、137の1対1のミーティングが両国の企業に予定されています。

このMOUの下で、両当事者は、MDCおよびKOMSによって、または第三者によって特定されたITプロジェクトを共同で探求する必要があります。

これらのプロジェクトを詳述するように要求されたとき、MDC執行委員長Tan Sri Datuk Othman Yeop Abdullah博士は、電子商取引、教育におけるスマートな学校プログラム、インターネットセキュリティ、すなわち暗号化、ネットワークセキュリティそのようなコンテンツの作成などが含まれます。

両国が協力して協力する他の分野では情報の交換が行われており、ベンチャーキャピタルファンドへのアクセスやインキュベーター間のネットワーキングなど、地元のITおよびマルチメディア企業を育成する戦略とベストプラクティスに関するアイデアの共有。

オースマン氏は、国内のITとハードウェアの総支出で韓国が日本に次ぐ第2位であり、アジアの主要国の1つにランクされていることを見れば、両国が互いに競争することが適切であると述べたより先進国 “となっている。

モグギ氏は、韓国は携帯電話技術の拠点として認知されており、PC設置台数は世界第8位、インターネットホスト数はアジア第3位であると付け加えた。さらに、韓国にはサイバーコリア21と呼ばれるMSCに似た独自のマスタープランがあります。

北朝鮮は市民のためのNetflixクローンを明らかにする

Huawei、シンガポールのラボで安全でスマートな都市の関心を引き出す

シンガポール研究所との安全でスマートな都市の関心を引き付けるためのHuawei、Start-Ups、Telstra Ventures、Telkom IndonesiaとAsiaへのベンチャー投資、Cloud、APACデジタル変換は成功せず成功しないハイブリッドクラウド

Telstra Ventures、Telkom Indonesiaとアジアへのベンチャー投資を開始

ハイブリッドクラウドなしでAPACデジタル変換が成功しない