M’sianの公共部門がOSSの導入を強化

クアラルンプール – オープンソースソフトウェア(OSS)を採用している公共部門機関の数は急速に増加しており、国の政府機関の71.1%がOSSを展開している。

マレーシアの行政近代化と経営計画ユニット(Mampu)によると、7月中旬現在、同国の724の公共部門機関のうち515社がOSSを採用している。これは、2008年の354機関と2007年の163機関と比較します。

515機関のうち、435社はバックエンドインフラストラクチャにOSSを導入し、404社はOSSデスクトップアプリケーションを使用しています。計223人が連邦政府機関であり、残りの292人は州政府機関であった。

MampuのNorma Yusof事務局長は、マレーシア政府がOSSを早期に採用していることに留意し、「2004年にPublic Sector OSS Master Planを開始し、それ以来積極的に計画を実行している」ノルマは最近のMSCマレーシアオープンソースカンファレンスで記者団に対し、政府部門はオープンソースなどのITイニシアチブを含むマレーシアの公共サービスの効率化を目的とした様々な努力に焦点を当てていると述べた。

野心的な2004年のマスタープランが始まる1年前、25の公的機関だけがオープンソースを採用していたと付け加えた。

現在までに、公共部門は1,674のOSSプロジェクトを実施し、総貯蓄額は4,880万リンギット(1400万米ドル)を超えています。 Open Source Competency Center(OSCC)のMampuニュースレター2009年6月号によれば、OpenOffice.orgを展開している機関は295社で、設置台数は約20,000台で、マレーシア政府は1880万リンギット(540万米ドル)以上のライセンス料を節約しています。

OSCCの関係者は、政府機関間のOSS採用の増加は、近年、「指数関数的」であったと述べた。 OSPの知識銀行マネージャーであるStanly Tanは、Mampuによって設立され現在運営されており、公共部門におけるOSSの導入を容易にすると述べています。

Tan氏は、OSSの急速な普及が公共部門のOSSマスタープランの効果的な実施に貢献したと考えています。この取り組みの下で、MampuとOSCCはOSSの使用を広範に推進し、政府機関にオープンソースの採​​用と実装に関するワークショップに招待した、と彼は述べた。

さらにOSSの導入を促進するため、同センターは公共部門機関にさまざまなオープンソースのアプリケーションとツールキットを提供したという。たとえば、OpenOffice.orgの実装パッケージを開発し、Microsoft Officeなどのオフィス生産性スイートからOpenOfficeに移行するための手引きを段階的に提供しています。

OSCCはまた、Windows環境およびアプリケーション開発での使用に適したOSSツールのコレクションであるOSS Development Toolkitを開発しました。無償配布が可能なこのツールキットは、標準的なソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)で必要とされる一連の共通ツールを提供するためにコンパイルされ、文書化されました。政府機関が利用できる他のオープンソースアプリケーションには、MyMeeting、MySpamGuard、MyNetWatch、MyWorkSpaceなどがあります。

Tan氏によると、OSCCとMampuは、マスタープランが来年の第3段階に入る前に、すべての政府機関でOSSの採用を100%達成することを期待しています。

マレーシア政府のOSS導入の進展は他の国々では気づかれていない。ムンプスのノルマ氏は、「サウジアラビアは独自のOSCCを確立するために援助を要請しており、義務づけている」と述べた。

Lee Min Keongは、マレーシアに拠点を置くフリー・ライターのITライターです。

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する