NASAは次のロボットアームを設計することを望んでいます

アーティストがAstrobeeをレンダリングする

国際宇宙ステーション(ISS)は新しいロボットを手に入れようとしており、あなたはそれを設計するチャンスを持っています。

NASAのコラボレーティブ・イノベーション・センター(CoECI)は、現在開発中のフリー・フライング・ロボットであるAstrobee上のFreelancer.comの求人サイトと提携しています。このプロジェクトには、Astrobeeのロボットアームのコンセプトの設計が含まれます。 NASAとフリーランサーは、世界中の1,700万人のフリーランサーからデザインをクラウドソーシングします。

歩行再開プロジェクトの後のチームは、麻痺患者にロボットの脚のサポートを使用して歩く方法を教えたが、結果は期待したよりもはるかに優れていました。

Astrobeeは、NASAがISSに送った最初のボットではありません。 2011年、宇宙機関は非常にクールなロボノート2を打ち上げ、乗組員の特に危険な作業を支援しました。 NASAのエンジニアの周りのこの時間は、人間のようなものを少し調理しています。

Astrobeeは耐久性のあるブームボックスのように見えます。小さなフリーフライングロボットは、宇宙ステーション内を自在に移動して、調査やシステム検査、モバイルセンサープラットフォームとしての機能、モバイルカメラ映画活動や特別イベントへの参加。翻訳:それは今までに製作された最も高価なセルフデバイスかもしれません。

ボットの最も重要なコンポーネントの1つは、小型で軽量な関節アームです。小さなアームを使用して、小さな物体との接触や相互作用に使用されます。 NASAは独自の設計を進めていますが、群衆に手を差して代替コンセプトを提案することに決めました。

NASAがフリーランサーとチームを組んだのは初めてではない。以前の共同作業では、NASAは、宇宙飛行士が使用するスマートウォッチアプリのデザインをクラウドソース化しました。世界各地から数千のグラフィック、エンジニア、インダストリアルデザイナーが挑戦しました。

ロボノート2

NASAはまた、Robonaut 2のためのアイデアをクラウドソースしています。

フリーランサーのMatt Barrie CEOは、NASAとFreelancer.comは、Freelancer.comのクラウドソーシングで、Robonaut 2ロボット宇宙飛行士の画像認識システムのトレーニングに役立つCADモデルを構築することで大きな成功を収めています」と述べています。国際宇宙ステーションで使用できるロボットアームを設計するフリーランサーの能力

ロボティックアームプロジェクトは、今後数ヶ月にわたって3段階で展開される予定です

1月14日に始まったフェーズ1は、NASAが任務のためにトップ30のフリーランサーを選ぶことを可能にする登録プロセスです。エントリーの詳細はこちらをご覧ください。

ロボティクス:ドイツのロジスティクス企業であるロボティクス、ロボティクス、ボルボとオートリブとの自主的な運転を発表、コンシューマー・ウォッチドッグはUberの自主車テストのための透明性を要求する;ロボット、Googleのプロジェクト・ウィング・ドローンはバージニア・テックのチップットリブリオを提供する。ソフトウェア会社

最終的にNASAはAstrobeeに組み込むことができる1つのデザインを選択したいと考えています。

消費者ウォッチドッグはUberの自律車両テストの透明性を要求しています

GoogleのProject Wingドローンは、Virginia TechにChipotleブリオを届けます

ロボティクスの創業者はドイツの大型物流会社と契約を結ぶ

より多くのロボット工学

VolvoとAutolivが新しい自律走行ソフトウェア会社を発表