NBN CoがSAUの批評家に火を放つ

NBN社はTelstraや他の通信事業者からの提案により、特別アクセス事業(SAU)の下でナショナル・ブロードバンド・ネットワーク(NBN)を構築するためのコストを回収する目的で、新製品を高い価格で導入することを拒否した。

NBN Coとそのアクセスシーカーとの間の議論は、NBN CoのSAUに関するオーストラリアコンクール・消費者委員会(ACCC)のディスカッション・ペーパーに投稿されており、今後30年間規制環境でどのように活動するかについて述べています。

2月10日、ACCCはSAUに含まれるNBNの規制監督と価格管理に関する通信会社の懸念を補足する補足的な協議用紙を発表した。

SAUの現在のバージョンは、NBN Coが提供するサービスの価格を年間消費者物価指数(CPI)の半分以上で引き上げることを制限しています。この提出で、Telstraは、たとえこれらのパッケージを提供するコストが上がらなかったとしても、NBN Coにこの製品の価格を引き上げる権限を与えるかどうか質問した。さらに、Telstraは、NBN CoはSAUの範囲外にある新製品を導入する権限を持っていると言い、NBN Coがこれらの製品に必要な価格を設定できることを意味しています。

これに対応して、NBN Coは、新製品は既存製品の「アンカーリング」効果によって制約を受け、NBN Coが通信事業者と署名する卸売ブロードバンド契約の対象外の製品であれば、 ACCCは、新製品の価格以上の紛争を解決するために介入することができます。

コストと価格の関係に関して、NBN社は、「価格戦略を設定する際に、競合する優先事項の範囲全体でバランスを取らなければならない」とも述べた。その製品内の製品のコストを回収しようとすると、幅広い取り込み、サービスの手頃な価格、均一な国内卸売価格を保証する柔軟性に影響を与えると言われています。

OptusとMacquarie Telecomの主な批判の1つは、SAUが、シークアにアクセスするために提供される製品とサービスで、ACCCが契約の役割を監督できないように書かれていたことです。

SAUがNBNへのアクセスを規制するACCCの権限に制限と制限を加えることを求めていることに懸念があります。そのような結果は、ACCCがNBNへのアクセスを規制する能力を損なう可能性があります。オプトゥス氏は提出時に「消費者の長期的な利益を守る」と述べた。

NBN Coによると、SAUのACCCに与えられた力は、ACCCがすでに持っている既存の力に加えているので、SAUは「全く逆のことをする」。 NBN Coは、ACCCがNBN Coを販売する場合、5年ごとにNBN製品をレビューすることもできると述べた。

最新の論文の提出は3月末までに完了する予定です。 ACCCは5月までSAUを承認または却下するが、ACCCはこのレビューをさらに3ヶ月延長することができる。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

NBNはオーストラリアを「指導的地位」に置く:Bill Morrow

TelstraはSDNリシリングによる120の自発的冗長化を求める

ACCCは、OTT、NBN、モバイルデータの競争効果に関する提出を求める