Windows 7 SP1の準備をする – 2月22日にWindows Updateにヒット

マイクロソフトはWindows 7 Service Pack 1(SP1)の作業を終了し、2月22日にWindows Update経由でシステムにアップデートを開始します。

Microsoftは、Windows 7 SP1とWindows Server 2008 R2 SP1のRTM(Release to Manufacturing)ステージに突入し、このコードをOEMに出荷し始めました。

TechNetまたはMSDNの加入者は、2月16日からコードを手に入れることができます。

だから新しいもの

Windows 7では、SP1は進行中の更新プログラムを提供することでPCを十分にサポートするのに役立ちます。その多くはWindows Updateを通じて以前から利用可能になっています。また、Windows Server 2008 R2 SP1で有効になった2つの新しい仮想化機能であるRemoteFXおよびDynamic Memoryのクライアント側のサポートも含まれています。これらのアップデートはWindows Serverチームから入手できます。

Windows 7用のベータ版とSP1のリークバージョンを試してみると、見た目のすばらしいことはなく、UIの調整やパフォーマンスの向上はありません。これは主にバグフィックスのリリースで、これまでにリリースされたすべてのパッチとアップデートをまとめたものです。

しかし、仮想化機能は魅力的であり、システムの負荷を軽減し、サーバーの仮想化密度を高めるのに役立ちます。すべての良いニュース。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

コラボレーション:今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか; CXO; CIOには誰が影響しますか? CXO、ITエグゼクティブデッキをシャッフルするANZ銀行、データセンター、デルタがシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル